「日本の防衛を千年王城の守護神に誓おう 街宣 in 大津」の報告

わしが反日ハンター・神功正毅ぢゃ。
「日本の防衛を千年王城の守護神に誓おう 街宣 in 大津」開催のお知らせ
で伝えたとおり、平成25年1月4日(金)14:00~15:00に比叡山中学校付近において「日本の防衛を千年王城の守護神に誓おう 街宣 in 大津」を行った。
その報告をしよう。
これが街宣の映像ぢゃ。

(1/5)日本の防衛を千年王城の守護神に誓おう 街宣 in 大津
http://www.youtube.com/watch?v=4AAtQuewdy4


(2/5)日本の防衛を千年王城の守護神に誓おう 街宣 in 大津
http://www.youtube.com/watch?v=10qKyQbscF8


(3/5)日本の防衛を千年王城の守護神に誓おう 街宣 in 大津
http://www.youtube.com/watch?v=uYFhw0Skrbw


(4/5)日本の防衛を千年王城の守護神に誓おう 街宣 in 大津
http://www.youtube.com/watch?v=bxlt9ii6MTc


(5/5)日本の防衛を千年王城の守護神に誓おう 街宣 in 大津
http://www.youtube.com/watch?v=uG3Onq_WCVo



この日、我々は日本の領土を奪い、または奪わんと企む隣国から奪われた領土の奪還、領土の死守を、またはそれらの国々と呼応するかのように日本の内側から体制そして国民の人心を腐敗させんと目論む反日分子を打倒することを近くを通る日吉大社や比叡山延暦寺の参拝客、比叡山中学校の生徒らに呼び掛けた。

あの場で言うのを忘れていたが、我々憂国派の最大の敵は在日特亜人でも民主党その他の売国勢力でも特定アジア諸国でもない。
国民の政治、国家の行く末への

無知

無関心


であり、日本を救おうとする者への

冷笑

であり、困難に立ち向かえない

怯懦

ぢゃ。

これらを打破できなければ民主党が下野しても国民はまた同じような過ちを繰り返すぢゃろう。
なぜなら、政治とは国民の考えや行動の反映に過ぎないからぢゃ。



この日は正月三が日が明けたばかりだというのに思いがけず大勢の人が集まってくれた。

運営の相原君、「だいふく」さん、「ガルーダ」さん、憂国の若きエース・神鷲皇国會の清水さん、神鷲皇国會九州支部の方、名前は明かせないがよく来てくださる初老の方、「ka」さん。

ありがたいことぢゃ。

「ka」さんが初参加の時にわしが
「民主党が早く終わりますように」
画像


のプラカードを掲げればその年のうちに民主党の衆議院議員が前回の総選挙の1/6、公示前の1/4に激減する。
わしの言葉は重すぎる。
画像



このようにたとえマスコミが取り上げなくても自分の「日本はこうあるべきだ」という気持ちを言葉にし続ければ全てとは言わないまでも一部分だけでも形になるものぢゃ。

ぢゃから我々憂国派のみならず国民一人一人がメサイア(救世主)になって自分の「日本はこうあるべきだ」という気持ちを言葉にし、日本を滅ぼさんと企む国内外の敵を打ち破らなければならない。

幼名を「日吉丸」と言い、織田信長に焼き討ちされた比叡山延暦寺や日吉大社、そして日本国内の秩序を再建した豊臣秀吉のように。

自民党が政権を奪還したことで民主党政権下では実現不可能ぢゃった在特会の活動目標「入管特例法の廃止」ががぜん現実味を帯びてきた。

当支部は在特会の活動目標「入管特例法の廃止」に向けて鋭意活動をしていく所存なので応援をよろしく頼む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック