茨城県民の良識の勝利!同県、本年度に続いて平成30年度も朝鮮学校への補助金を計上せず

反日ハンター・神功正毅です。
茨城県が本年度に続いて明くる平成30年度の予算案でも朝鮮学校への補助金を計上しなかったそうです。
産経ニュース/朝鮮学校補助金は計上せず 大井川和彦知事「現在の状況では困難」 29年度に引き続き
http://www.sankei.com/politics/news/180224/plt1802240006-n1.html
<引用開始>
 大井川和彦知事は平成30年度当初予算案に、茨城朝鮮初中高級学校(水戸市千波町)への運営補助金を前年度に続いて計上しなかった。同校への補助金は27年度まで交付されてきたが、橋本昌前知事が28年度当初予算案に盛り込んだ交付金を補正予算で削除して交付せず、29年度は計上しなかった。
 大井川知事は23日の記者会見で「北朝鮮と密接な関係を持つ朝鮮総連の学校への関与など、現在の状況が続く間は補助金交付は困難だ」と強調。再び交付する可能性については「今後の状況を踏まえながら判断したい」と述べるにとどめた。
 朝鮮学校に対する補助金をめぐっては、文部科学省が28年3月、朝鮮学校を認可している都道府県に対し、「交付目的に沿った適正な支出」を求める通知を出している。
 同校の関係者ら5団体は補助金の復活を求め、20日に県庁を訪れ、大井川知事に対する質問書を提出している。
<引用終了>



さすがは当会会長・八木康洋のお膝元です。
まさに
「そう来なくっちゃいけないよなぁ 

こうでなくっちゃ!」(アリー・アル・サーシェス/機動戦士ガンダム00)
アリー・アル・サーシェス無双
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23858914?ref=search_key_video

です。
この2年連続の朝鮮学校への補助金カットは日本の学習指導要領に従わずに反日教育を行い続ける朝鮮学校に批判の声を上げ続けた
茨城県民の良識の勝利です!


私が度々
我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!

と書けば大井川和彦・茨城県知事が「現在の状況では困難」と述べる。
私の言葉は重すぎる。
画像





だからこそあえて書こう。
国民は国難に立ち向かう気迫を持て!
国民・国益を守る議員を当選させろ!
民主党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!
不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!
入管特例法を廃止に追い込むぞ!
反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!
反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!
反日教師を教育現場から追放するぞ!
反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!
社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!
在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!
共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!
韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!
韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!
我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!
日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!
我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!
現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!
国民に希望を持たせるぞ!
誇りを持たせるぞ!
人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!
勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!
我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!



朝鮮学校への運営補助金交付不可通達という名の魚雷が炸裂した。
画像



茨城県民ならびに県下の自治体よ、この大井川知事の英断を支持し、船に魚雷を命中させるが如く反日朝鮮人勢力に大打撃を与えよ!
(但し、絶対に捕まらんといてねw)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック